Ducati DesertX – Dream Wilder

実は結構長い間悩んでいた。自分の中ではスラクストンに最高に格好良くてこれ以上のバイクはないと思っていたので乗り換えや新しいバイクの購入はそれほど興味がなかった。しかし、より激しくて大きい冒険のために本格的なアドベンチャーツアラーの購入を検討し始めた。たくさんのアドベンチャーツアラーを見てみてもやっぱりこれというものがなかった。趣味の違いというか方向性の違いというか。

そんな中、DucatiのDesertXというバイクが発売されるとのニュースとプロモーションビデオを見て興味を持つようになった。あ、これは格好いい!スペックも申し分ないが、やっぱりビジュアルが気に入った。その後、日本に販売されるとすぐさまDucati東名横浜へ試乗に行った。東名横浜まで行ったのは高速での試乗が可能なのと試乗時間が2時間と長かったため。

実は最初跨ったときは戸惑いがあった。シート高が875mmと身長184cmの自分でも足をピンと伸ばさないと踵が踏めない。これは今まで経験したことがない高さ。多分ラリーシートだったので幅とかもあってより高く感じたかもしれない。しかし、走り出すと全く不安感もなく車体も不思議とスリムに見えてしまう。また軽快な足回りとアクティブな937ccの90度V型2気筒ガソリン・エンジンのフィーリングは刺激的で乗っていてすごく楽しかった。もう降りたくない。こうなったらもう止められない。

Ducati東名横浜の牧川さんに見積もりを作成してもらって色々相談して最終的に契約書にサインをして一ヶ月待ってやっと納車の日を向かうことができた。

店内に入ると納車の準備を終えた自分のDesertXが真正面に佇んでいる。改めて見るとでっかい!後、格好いい。やっぱり納車日はテンションが上がるね。牧川さんが色々書類を準備して納車の手続きを進めてくれたが、あまり話が耳に入らない。申し訳ない。

やっぱりDesertXのデザインの一番の特徴はこの大きくて丸い両目。80年代ダカールラリーで活躍したカジバエレファントへのオーマジュらしいが、復古的より未来的なデザインに感じる。タトゥイーンで走っていてもなんの違和感もなさそう。

後、DesertXのデザインで一番感銘を受けたのはこのサイドのデザイン。この無駄のないシンプルなデザインに果敢なキャラクターラインと面の使い方。これだけ大きい余白を残すというのはなかなかのセンスと勇気がないとできない。

5インチのTFTカラー液晶メーターは色んな機能がコントロールできてまるでスマホみたい。ただもう少し大きくてよさそうな気がする。スラクストンはセパハンなのでハンドルに何かを付けることができなかったが、これだけの長いハンドルがあれば欲しい分だけアクセサリーが付けられそう。まあ、そんなに付けないけど。

デイタイム・ランニング・ライトとヘッドライトはフルLEDで光の演出にも抜かりがない。フィラメントが切れる心配もないしね。

フロント・ブレーキはbremboのダブルディスクで223kgの車両重量に84kgの人、3boxを全部乗せた状態でもブレーキ性能はたっぷり余裕があってキャンプツーリングや北海道ツーリングにも全く問題なさそう。

リアも同じくbrembo。もう間違いないでしょう。

サイレンサーはオプションのTermignoni社製のもの。ノーマルだとあまり音の響きがよくなかったのでこちらにしたけどやっぱり全然違うね。骨の奥まで響く。その分高い。

念願の3Box!これだけの積載量があればキャンプツーリングやロングツーリングも気軽に行けそう。実はUnit GarageのAtlasするか迷ったが、どう見てもパニアケース用フレームが華奢でオフロードとかで転んだらあまり耐えられなさそうだったのでDucatiの純正のものにした。頑丈そうだが、その分高い。

トップケース用のインナーバッグ。衣類などはこのトップケースだけで収まりそう。ホテルなどに泊まるときはインナーバッグだけ持って行ったら良さそう。

サイドパニアケースの大きさはちょうど良くてものもたくさん入りそうだし、運転するときもそれほど邪魔にならない。早くここに荷物をたくさん積んで旅に出たい。

これはオプションのラジエーター用プロテクショングリッド。ここには色んなものがたくさん飛んできそうなのでこれはオプションよりは基本装備にしてほしいね。ラジエーター下のエンジンから出てるホース(?)やウォーターポンプも丸出しでどういうつもりなのか知りたい。

赤いラリーシート。コンフォータブルで前後移動も楽。もうラリーにも参加してみたい。

最後にナンバー。今回も素敵なナンバーですごく気に入った。ナンバーのようにツーリング時はいつも晴れ晴れ(8080)でお願いします!

最後に契約時にオーダーしているのにまだ日本に届いてないオプションパーツが9品くらいあって、そのほとんどがプロテクト・ガード類でそれが届かないとオフロードデビューできない。Ducatiイタリアの皆様、年末年始も終わったので早めの製造・発送をお願いいたします。

雨の中の千葉ツーリング

今週もまた千葉へ、それも雨の中でのツーリング。実は特別な想いがあっての千葉ツーリングだった。

以前大型二輪免許免許を取ってスラクストンが納車されて初めてツーリングに連れていってくれたのがバイクパイセンだった。バイクのイロハを優しく教えてくれて更にバイクにハマるきっかけを作ってくれたパイセンには今も感謝と尊敬している。

自分もそういうパイセンになりたいと思ってたら、フロリアンが普通二輪免許を取ったと報告があったのでツーリングに連れていくことにした。今週土曜日に決めてたけど今週入ってから土曜日の天気予報が怪しい。曇りの中、雨確率40%…いけるかな?いけないかな?朝起きたら雨がポツンポツンと降ってきた 。

フロリアンに雨っぽいけどどうする?とLINEを入れたらできれば行きたいと。すごく楽しみにしてたらしくてその気持ちは雨にも負けないものだった。とりあえず雨の中バイクを飛ばして待ち合わせ場所のDUCATI TOKYO OHTAへ。

DSC03411.jpg

フロリアンはまだバイクがないのでここでScrambler Sixty2をレンタル。嬉しそう。フローはフランスとイタリアのハーフだからなのかDUCATIがよく似合うね。

DSC03413DSC03414

DUCATIなどイタリアブランドの赤の使い方は見事。エロいというかカッコいいというかいつかはこういう赤を消化できる男になりたい。

DSC03423.jpg

スタッフさんとレンタルするバイクを綿密にチェックするフロー。やっぱりよく似合うね。イケメンはずるいな(笑)。あのスタッフさんがスラクストンを褒めてくれて嬉しかったな。なんかDUCATIさんに認めてもらったかのような気がして(笑)。

雨で寒い日だったので少しでも暖かい千葉へ。とりあえずアクアラインの海底トンネルを走って千葉へ向かったけどフロリアンはまだバイクで高速を走ったことがなかったのでこれが初体験だった。左車線でマックス80Kmくらいを守りながらゆっくり走る。自分が初めてバイクで高速を走ったときを思ったら色々新しいね。

DSC03427.jpg

順調に走って海ほたるPAへ到着。トンネルの中は暑かったけど海ほたるのほうは雨で肌寒かった。さすがにバイクは少なかったけどまったくないわけでもない!みんなすごい!

DSC03441.jpgDSC03442.jpgDSC03444.jpg

朝ごはんを食べてなかったので立ち食いうどん屋であさりうどんを食べる。やっぱり海ほたるではあさりが入ってるものを頼めば絶対失敗しない!さっぱりした汁が美味しかった。

DSC03456.jpg

初めての千葉ツーリングなので鉄板コースを組んだけど雨だったので千葉フォルニアはパス、真っ先に富津岬へ向かった。しかし、富津岬が工事中!1月15日から3月15日までと書いてあるのにまだ工事が終わってなかった。まぁ仕方ない。次行こう!次。

DSC03457.jpg

雨でも工事でもとにかくバイクに乗れて嬉しいらしい。これが若さか!

DSC03467.jpg

次の目的地は燈籠坂大師の切通しトンネル。ここは雨のお蔭で貸し切り状態で色々自由に撮らせてもらったけどあまりいいのがなかった。うむ。

うどん食べてからそんなに経てないのにまたお腹が空いた。とりあえず切通しトンネルから近いさすけ食堂へ向かう。しかし、すごい行列!でも、まぁ、折角だし、待とうとしたらなんと営業終了!なんど我らが着く1時間前に締め切ったらしい。すごいね。その近くのはまべも待ってなんとかなるものではないのでダメもとでばんや本館へ。

DSC03471.jpg

すごい広い駐車場が車でいっぱい!これが食事処の駐車場かってくらい広いのにすごいね。ここでも食べられなかったらどうしよう?もしダメならnovotelさんが先週行ったお食事処 なぶらでも行こう。

DSC03496.jpg

食堂も広くて市場に近い感じだった。こんだけ広ければ食べられないことはなさそう。先客が11組でとりあえず名前を書いて待つことにした。回転がかなり早くて30分くらい待ったら名前を呼ばれて席に案内された。

DSC03494.jpg

スタッフさんのオペレーションがよくできていて客の捌き方がすごかった。テキパキという言葉がよく合う!

DSC03497.jpgDSC03498DSC03499DSC03500DSC03501DSC03502DSC03503

頼んだのは桜御膳。10種類の海鮮丼にあら汁まで付いてる!新鮮な素材の絶妙なバランス、美味しかった。

DSC03508

後、ビノス貝焼も頼んだ。蛤との差はよくわからくて言われてなかったら蛤だと思ったかも。これもまぁ美味しい。

ご飯の後はいつものもみじロードへ。

DSC03516.jpg

もみじロードのワインディングコースが結構気に入ったらしくて面白いとすごく喜んでた。面白い道はたくさんあるから今度また連れて行くよ。

帰りのアクアラインは大渋滞。いつもならすり抜けで渋滞を回避するけどそれができないからかなりしんどい。また川崎大師辺りも環七も大渋滞で大変だった。

返却時間を少し過ぎてしまったけどDUCATI TOKYO OHTAさんが柔軟に対応してくれて手続きはすぐ完了。

いや、なんか色々大変だったけど楽しかった!またツーリング行こうね。